コンクリートミキサー車を選ぶポイント

コンクリートミキサーとは、コンクリートの材料となる骨材や水、セメントを練り混ぜるための機械です。一般的に「生コン」と呼ばれるフレッシュコンクリートはセメントと砂や砂利、砕石、そして水から出来ています。これらは全て比重が異なるため、一度練り上げてもそのままにしておくと成分が分離してしまい、コンクリートとして使い物にならなくなってしまいます。

その分離を防ぐためには常に練り続けておかねばならず、そのために必要なのがコンクリートミキサーです。ミキサー車の荷台に積まれている円筒状のドラムは常に回転し続け、内部に取り付けられたミキシングフレームという羽根車でコンクリートが分離してしまわないようにかき混ぜ続けています。

コンクリートミキサーは、かき混ぜる方式によってバッチ方式と連続式に分類されます。バッチ方式というのはコンクリートの材料を一回分だけドラム内に入れてかき混ぜるもので、ミキシングフレームを装備したものは重力式ミキサーと呼ばれています。工場などでは強制攪拌式ミキサーという、よりスピーディーに練り混ぜられる方式のものも使われていますが、タンクや羽根車の消耗が激しいためミキサー車には採用されていません。

連続式ミキサーはその名の通り、コンクリートの材料を連続に投入して練り混ぜるミキサーです。こちらはまだ最近登場した技術のため、あまり普及はしていませんが、効率的にコンクリートが作れることから実用化に向けた動きが活発になってきています。ただミキサー車内でコンクリートを作り上げる必要性は、コンクリートが簡単に輸送できるようになった近年では薄れてきているため、連続式ミキサーがミキサー車に採用されることはないだろうと言われています。

故にミキサー車を購入する場合は実質的にバッチ方式一択となるため、特にディープな専門知識がなくとも問題無く運用が可能です。選ぶ際にはベースとなるトラックの車種や、ミキサーの架装業者が決め手となるでしょう。